Search

検索したいワードを入力してください

生ゴミ処理機のと比較|パナソニック/価格

初回公開日:2017年11月08日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2017年11月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

家庭の料理の残りなどででる生ごみをバイオ式や乾燥式などにより処理できる生ゴミ処理機はです。役所は生ごみの減量と資源の有効利用を目的に、家庭で出る生ごみを、生ごみ処理機を使って、処理する人たちに出している購入の補助金について説明します。

生ゴミ処理機のと比較|パナソニック/価格

生ゴミ処理機の補助金・助成金の金額

生ゴミ処理機のと比較|パナソニック/価格
※画像はイメージです

家庭の料理の残りなど毎日の生活で出る生ごみを家庭で処理するための機械が生ごみ処理機になります。そしてそれを購入すると、市役所や自治体から助成金が出る場合があることをご存知ですか。ここでは生ごみ処理機の補助金制度についてお話します。まずは助成金を使って生ごみ処理機手に入れる方法からご紹介します。

助成金を使って生ごみ処理機を手に入れる方法

生ゴミ処理機のと比較|パナソニック/価格
※画像はイメージです

助成金を使って生ごみ処理機手に入れる方法について説明します。その前に生ごみ処理機を買うといくらの助成金がもらえるのかご存知ですか。実は助成金は全国にある自治体によって変わってきますが、半数以上の自治体で生ごみ処理機の購入に対して20,000円から75,000円の助成金を支給しています。

また助成金の支給額には上限金額が決められており最大で商品代金の半分までを助成している自治体が多くあります。

では生ごみ処理機に補助金制度がある申請方法はどのようにすればよいのでしょうか。「私立幼稚園就園奨励費補助金」や「医療補助金」などと同じように「生ごみ処理機購入助成金」として申請が必要になります。

生ごみ処理機購入助成金の申請の条件

生ごみ処理機購入助成金の申請の条件として助成金制度を導入している各自治体が治める地域に住んでいる方、定められた期間以内に助成金の交付を受けていない方、生ごみ処理機の使用によるごみの軽減・リサイクル活動ができる方など自治体によって変わってきます。

そして申請の手順としては各自治体の「生ごみ処理機購入費助成金交付申請書」に記入・押印して購入金額を証明する領収書(または写し・コピー)、生ごみ処理機の保証書の写し・コピー、市民、区民であることを証明する書類(住基カード・運転免許証・保険証など)を添付したうえで、所定の窓口へ提出します。

助成金を受け取るためのポイント

生ゴミ処理機のと比較|パナソニック/価格
※画像はイメージです

助成金を受け取るための申請の手順は簡単に説明しましたが、ここではさらに詳しく説明します。自治体によって助成金の規定が異なりますので、まずは助成金の上限金額や、受給条件などを調べることが大事になります。次に自治体によっては領収書や、保証書、説明書など全て必要になる場合もありますので大切に保管しておくことが重要です。

次に助成金を受け取るための申請用紙は各市町村の窓口と自治体によっては自治体HPから申請書をダウンロードすることもできます。さらに自治体によっては同一世帯全員分の住民票などが必要なところもありますので事前の調査でしっかりと確認しましょう。

助成金を受け取るためのポイントが助成金を受け取るための規定が自治体によって異なりますので事前の調査が大変重要になります。

生ごみ処理機の種類と金額

生ゴミ処理機のと比較|パナソニック/価格
※画像はイメージです

生ごみ処理機は一体どんなものがあって、どれくらいの価格で買えるのでしょうか。生ごみ処理機には微生物の働きで生ごみを水と炭酸ガスに分解させて処理する「バイオ型生ごみ処理機」と温風などによる加熱によって、生ごみ中の水分を蒸発させ、生ゴミを処理する「乾燥式生ごみ処理機」があります。

「バイオ型生ごみ処理機」のメリットとしては乾燥した処理物は土と混ぜ合わせて1ヶ月ほど発酵させると堆肥として活用することができます。そして価格としては手動での処理機で約2万円から4万円です。電動の処理機で約5万円から7万円になります。

一方で、「乾燥式生ごみ処理機」のメリットは室内に設置できる、機械的に蒸発を行うため手間が少ない、短時間でできるなどがあります。そして価格としては4万円から6万円ほどになります。

自治体が助成金を支給する理由

ここではなぜ生ゴミ処理機を購入すると自治体が助成金を支給する理由について説明します。家庭で出るゴミは自治体によって回収され、多くは焼却場で処理されています。可燃ゴミに含まれる生ゴミの量は30%~40%と言われており、生ゴミの量を減らすことで、ゴミを処理するコストを大幅に下げることができます。

またゴミの回収にかかるコストの削減、焼却処理にかかるコストの削減、焼却処理後の埋め立てにかかる運搬などのコストの削減ができることになります。以上のように家庭で生ゴミ処理機でごみを処理できることは自治体にとって多くのメリットがあります。

メーカー別生ゴミ処理機の比較

ここではパナソニック・スターエンジニアリング・サクラエコクリーン・島産業などのメーカー別の生ゴミ処理機を比較をしてみます。

島産業

島産業は香川県観音寺市に本社を構えて、リサイクル施設、不燃ごみ・粗大ごみ処理施設、ごみ固形燃料化施設、不燃ごみ・粗大ごみを破砕する破砕機などを開発・販売しています。生ゴミ処理機としてはコンパクトな生ゴミ処理機として「パリパリキューブライト PCL-31-BWB・BWR」、「パリパリキューブ PPC-01」などの乾燥型の生ゴミ処理機を販売しています。

この生ゴミ処理機は温風を当てることによって生ゴミを乾燥させる仕組みで、1回6時間の運転で最大約500g(約1.3L)の生ゴミを乾燥させる「標準モード」と1回9時間の運転で最大約700g(約2.0L)の生ゴミを乾燥させる「多めモード」の2つのモードが搭載されている優れた製品です。

パナソニック

パナソニックの生ゴミ処理機は「生ごみリサイクリラーMS-N23」、「生ごみリサイクリラーMS-N53」などの生ゴミ処理機を販売しています。パナソニックの「生ごみリサイクリラーMS-N53」は温風乾燥式で防水型のコンセントを採用しているので屋内はもちろん、雨ざらしになる屋外でも設置可能な製品です。

2人から6人用の生ごみが処理できる大容量設計で、1回の最大処理量は約2.0kg(約6.0L)になります。また単身者用としての「N23」は約1.0kg(約3.0L)処理能力があります。またこれらの生ゴミ処理機は処理容器には「固定刃」と「かくはん羽根」がついており、処理容器ごと洗うことが可能になっています。

スターエンジニアリング株式会社

スターエンジニアリング株式会社は茨城県日立市に本社を構えて、生ごみ処理機・バイオトイレなどを開発・販売しています。

スターエンジニアリングの生ごみ処理機「家庭用生ごみ処理機バイオクリーン(屋外型)」はバイオクリーンの分解方式で、高分解力、長寿命、臭気および環境負荷が少ないなどのアシドロ®コンポスト分解方式によって生ごみの85%以上を、24時間以内に水や炭酸ガスに分解します。

また本体はコンパクトな形で場所もとりません。しかも操作は、ふたを開けて生ごみを投入し、ふたを閉めるだけと、とてもシンプルになっています。

Related