Search

検索したいワードを入力してください

シンクの水垢の掃除の方法・落とし方|クエン酸/重曹/酢/洗剤

更新日:2020年08月28日

日頃のシンクの水垢や錆びの取り方について原因を調べてまとめてみました。またシンクの水垢の予防の仕方や衛生的に保つ方法などを調べてみました。シンクの水垢や錆びをしっかり落として日頃から衛生的に保つように心がけるようにしましょう。

シンクの水垢の掃除の方法・落とし方|クエン酸/重曹/酢/洗剤

シンクの水垢の掃除の方法

シンクは、毎日の生活の中で、使う場所のひとつであります。食器や野菜を、洗う場所であるため、常に清潔に保っている必要がある場所であります。

気がついたら、シンクに水垢がたまっている、こすってもこすっても、なかなか落ちないといった悲惨な状況になることがあります。そこで、今回はシンクを綺麗に保つための掃除の方法について、いろいろな方法を調べてみました。

シンクの水垢の落とし方

シンクの水垢になる原因はなぜなのか?

シンクの水垢でくすんでしまう原因は、水道水に含まれている炭酸カルシウムやマグネシウムミネラル、石鹸カスが原因と言われています。

水道水の中に含まれているミネラル成分や炭酸カルシウム、マグネシウムは蒸発していくことがないため、そのまま、白いうろこのような形で、のこって、そのまま、手入れもしないでほったらかしておくと、水垢といった形で、なかなか汚れが落としづらくなり、難しくなってきます。

こうなってしまうと、落とすためには、一筋縄ではいきません。そのため、シンクの掃除をする際に、ひと工夫をこらすことが、必要不可欠となってきます。

クエン酸でもシンクの水垢が落ちない原因

まず汚れの種類として、水垢はアルカリ性の汚れに分類されます。水垢を、綺麗に落とすためには、酸性洗剤が必要となります。

水垢に有効と言われるクエン酸で、ありますが、軽い水垢であると、クエン酸で落とすことができます。ただ、長年の間、蓄積されている汚れとしては、クエン酸では、なかなか落ちづらい傾向にあります。

その理由として挙げられるのは、クエン酸が酸として、あまりに強い酸ではないということが理由の一つとしてあげられます。ですから、ひどくこびりついている汚れに対しては、クエン酸よりも、プロ用の強力業務用洗剤を使うことがです。

シンクの水垢をおとすもの

シンクの水垢、いつのまにかできてしまい、気づいた時には、普通に擦っただけではなかなか落ちないと、水垢落としに苦労した経験がある方は、多いことだと察します。では、そんなシンクにこびりついている水垢を、しっかりとキレイさっぱりと落とす方法として、効果的に水垢を落とすことができる方法をいくつかご紹介させていただきます。

重曹

重曹とは、炭酸化水素ナトリウム、別の呼び方として、重炭酸ソーダとも呼ばれて親しまれています。特徴としては、人体に無害である物質で粒子が細かくて、水に溶けづらい性質があります。加熱したら分解して、炭酸ガスを発生するのが特徴であります。

重曹単体だけでなく、クエン酸やお酢と合わせて使うことにより、水垢汚れに充分である効果を発揮するらしいです。試したことがない方は、一度試してみる価値はありそうです。

クエン酸

引用;クエン酸(クエンさん、citric acid)は、示性式 C(OH)(CH2COOH)2COOH で、柑橘類などに含まれる有機化合物で、ヒドロキシ酸のひとつである。

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%A8%E3%83%B3... |

アルカリ性の汚れに適していると言われるクエン酸も、水垢に効果があるらしいです。粉のままのクエン酸を、そのままスポンジに染み込ませて水垢をこする方法やクエン酸スプレーを 作ってみて、それを直接汚れにふりかけてたわしやスポンジでこするといった使い方で、水垢が落ちるらしいです。

また、クエン酸を水垢汚れに部分的にふりかけて、ティッシュペーパー やキッチンタオルを汚れの上において、クエン酸を浸透させて、それから擦るといった使い方もである方法のひとつです。

セスキ

セスキとは通称セスキ炭酸ソーダと言われるアルカリ性の石鹸です。炭酸ナトリウムと重曹の 中間的な性質を持っているらしいです。

セスキ炭酸ソーダとアルカリ性の汚れを得意とするので水垢というよりもキッチンのぬめりを取ってくれると言った役割を期待することができそうです。

皆さんの家庭にもある調味料の一つ、お酢も水垢の汚れに効果のあるひとつらしいです。水垢の汚れに対して、お酢を染み込ませて、スポンジやブラシで擦る。こびりついているひどい汚れには、お酢と重曹、お酢とセスキとを合わせて使っても効果を期待することができそうです。

お酢を汚れにかけて、その上からセスキもしくは、重曹を振りかけて1~2時間ぐらい汚れを浮かすために置いておきます。その後に、同じく、スポンジブラシで擦り、水垢を落とすと言った使い方です。滑りもとれて、スッキリが期待できそうです。

初回公開日:2017年10月27日

記載されている内容は2017年10月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related