Search

検索したいワードを入力してください

シンク下の臭い対策|掃除/収納/排水溝/状況別/賃貸/業者

更新日:2020年08月28日

シンク下に臭いが発生する原因には様々なものがあります。換気したり消臭剤を利用したりしても臭いが消えない場合は臭いの原因そのものに対処することが大事です。シンク下の臭い対策や臭いが発生してしまった際に注意したい点をまとめました。是非ご覧ください。

シンク下の臭い対策|掃除/収納/排水溝/状況別/賃貸/業者

シンク下の臭いの主な原因は?

シンク下から臭いが発生する原因は様々です。原因を取り除かない限りいつまでも臭いが漂います。シンク下の臭いの原因をご紹介します。

キッチンまわりには臭いの原因がいっぱい

キッチンが調理に使った食材の残りや余り物で汚れていると生ごみ臭が発生しやすくなります。シンク下から腐敗臭がしているような場合、食材が腐っていることが原因でしょう。

水漏れは起きてない?

キッチンの設備が古くなると、シンク下に水漏れが起きやすくなります。水漏れが起こっている場所では湿気をためこみやすくなります。

湿気がこもっていると臭いの原因を生む

湿気は臭いの原因となる菌を繁殖させる原因のひとつです。水はけが悪い状況が続くとカビの温床となり、強烈な臭いを発生させることがあります。

下水の臭いが上がってくることも

排水溝から下水の臭いが上がってくることで、臭いが漂い始めることがあります。長く使っていないシンクは臭いが発生しやすいことが特徴です。

カビは臭いだけでなく人体にも有害

カビが繁殖するとカビ臭いにおいが発生します。カビはアレルギーの原因のひとつだと考えられており、人体に悪影響を及ぼすこともあります。カビは、水はけが悪い場所や湿気がたまりやすい場所に発生しやすいことが特徴です。

シンク下の臭い対策一覧

シンク下に臭いが発生する原因がわかったところで、今度は対策についてみていきましょう。シンク下の臭いを防ぐにはこまめな点検や掃除が有効です。

カビキラーで繁殖したカビを抑える

カビは発生する前に防ぐことが重要ですが、繁殖してしまったらカビキラーで除去しましょう。ゴムやパッキンに付着したカビはジェルタイプで密着させて退治することが。

こまめな掃除を徹底しよう

不潔な状態が続くと臭いが発生するだけでなく、害虫が集まる原因にもなります。シンク下に調味料や食用油などを置いているという家庭では、シンク下のスペースが汚れがちです。つい見逃してしまいがちな部分なため意識して掃除のサイクルに組み込みましょう。

アルミテープでシンクの隙間を塞ぐ

シンクとガスコンロの隙間に隙間が空いていると、食材のカスや古くなった油がたまって臭いの原因となります。臭いを防ぐにはアルミテープが便利です。気になる隙間をアルミテープで塞いでゴミが落ちないようにしましょう。

テープで臭いの侵入経路を経つ

下水から臭いが上がってきている場合、シンク下と配管のつなぎ目に隙間が生じているケースが多々あります。隙間をテープで塞ぐことで臭いを軽減できます。

パテで配管の隙間を埋める

初回公開日:2017年09月21日

記載されている内容は2017年09月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related