Search

検索したいワードを入力してください

重曹で掃除が出来る家庭の場所・重曹で掃除をする効果

更新日:2020年08月28日

重曹は、海の塩の一種。自然界をきれいにする大きな役割をもっています。この自然の恵みである重曹を使って、家のすみずみまで掃除ができるということを知っていましたか?お財布にも優しくて、地球や環境、からだにも安心なエコ生活を始めてみましょう。

重曹で掃除が出来る家庭の場所・重曹で掃除をする効果

幅広い用途で掃除に大活躍する重曹

重曹は、地球にも環境にも優しくて、人の体にもある成分。そして、なによりもこれひとつで、幅広い場所の汚れをきれいにしてくれるので、重曹のことをもっと知って、掃除に活用しましょう。

重曹とは

重曹とは、そもそも何なのでしょう。重曹は、化学的には「炭酸水素ナトリウム」といいます。日本では昔、炭酸水素は「重炭酸」、ナトリウムには「曹達(ソーダ)」という名前が付いており、略して「重曹」と呼ばれるようになりました。

地球の海や古代の地層、さらに地球上の生き物の体の中にあって、汚れを浄化するパワーを持っています。たとえば、私たちの唾液の中には重曹が含まれており、口の中の雑菌が作り出す酸を中和して、虫歯を防いでいます。

この神秘のパワーを発見したのは、200年前の18世紀の頃です。そして、人間の手で作り出せるようになったのは19世紀半ばを迎えなければなりませんでした。つまり、人類が重曹という地球の恵みをフル活用できるようになって、まだ200年も経っていないということです。いまでは、医薬品、食品。農業・工業の欠かせない素材として、大量に流通しています。

重曹を作るには、食塩を電気分解して苛性ソーダを作り、それに二酸化炭素を融合させる人工的な方法と、重曹の原料となる「トロナ鉱石」を地中から掘り出して、生成するというやり方があります。アメリカ産、中国産、オーストラリア産の重曹がこのタイプで、日本では、トロナ鉱石は採取できないので、重曹は人工的に作られています。

重曹での掃除はエコで安全

重曹は、私たちの体の中でも作られているので、掃除することで口に入ったり、肌に触れたりしても全く問題ありません。そのため、小さな赤ちゃんがいたり、ペットがいたりしても安心して掃除に使うことができます。

また、天然の鉱物ですから、掃除したあとに洗い流したあとでも環境汚染になりません。むしろ、重曹はアルカリ性物質なので酸性雨の緩和や土壌の堆肥化など環境改善に役立っているといってもいいのです。

重曹で掃除はラクラク、そして経済的

掃除は毎日のことですから、手間もお金もかけたくありません。重曹のメリットは、これひとつで家中のほとんどの掃除ができてしまうことです。市販の洗浄剤では、掃除するときに用途別に使い分ける必要があり、いくつもの掃除用の洗浄剤を購入しなくてはなりません。

しかし、重曹なら使い分ける必要なく、どんな場所でも手軽に掃除ができてしまいます。掃除用に使える純度の低い重曹なら、100円ショップでも購入できます。

重曹はお掃除にはこう使いましょう

重曹は、アルカリ性です。そのため酸性の油汚れや手アカに対して、特に効果を発揮します。水溶性の粒子は柔らかく細かいため、掃除のためにゴシゴシ擦っても、傷をつけずに研磨できますし、こびりついた頑固な汚れやほこり、サビやカビなどを効率的に落とすことができます。

重曹を、粉のまま振りかけたり、水分を加えてペースト状にしたり、水に溶かして重曹入りの水溶液にするなど、3種類の形状に変えることで掃除の幅もグンと広がります。

重曹を入手するには

掃除のために使う純度が低い工場で使う重曹なら、ホームセンターやスーパー、100円ショップで購入できます。純度が高い薬用の重曹は、ドラッグストアで購入することができます。食用の重曹は、ベーキングパウダーとして、スーパーのお菓子の材料売り場などに置かれています。

掃除用の重曹は、どのタイプでも使うことができますが、経済的なことを考えると、値段が安くて、容量の多い工業用の重曹がです。ただし、スキンケアやマウスケア、バスボムなどを作る場合などは、直接肌や体の中に入る重曹となるので、必ず薬用か食用の重曹を使いましょう。

重曹で掃除する5つの効果とは

重曹は、なぜ掃除をするときに役立つのでしょうか。重曹が効率的に汚れを落とし、掃除の効率をアップすのには、5つの効果があります。

「研磨作用」

重曹は乾燥しているときには、サラサラした粉状になっているので、掃除のときに研磨作用として汚れを落とすのに重宝します。しかも、掃除用のクレンザーなどよりも粒子が細かくて、硬すぎず柔らかすぎずで、鉄、ステンレス、プラスチックなどよりも柔らかい材質のものでも傷を付けません。さらに、水分を含ませることで、粒の形状の角が取れて、丸みが出るので、よりソフトに磨くことができます。

「中和作用」

重曹の性質は、弱アルカリ性です。そのため酸性物質を中和する働きがあります。私たちの生活から出る汚れは、ほとんどが酸性です。例えば、手アカの原因になる皮脂油、台所の頑固な油汚れも酸性です。これを中和しながら、汚れをはがしやすくするため、掃除を効率的にできます。

さらに、重曹には電気的な中和作用もあります。重曹が水に溶けることで、マイナスイオンができ、これが汚れに付着すると、プラスマイナスの反発作用で、汚れを引き離す効果が発揮されます。

「吸湿・消臭作用」

においを消すことも掃除です。中和作用により、消臭効果を発揮します。嫌なにおいのほとんどは、酸性です。魚の生臭さ、体臭、なにかが腐ったようなにおい、雑巾の生乾きなどで出る雑菌が繁殖したときのにおいなどは、酸性です。中性にすることで、におい成分を抑えます。また、吸湿性にも優れているので、湿気を取り除く作用もあり、カビの防止にも効果が期待できます。

そのため、冷蔵庫やげた箱、押し入れの中に入れておけば、においも、雑菌の繁殖も抑えてくれます。においを消してワンランクアップの掃除を目指しましょう。

「発泡作用」

初回公開日:2017年09月14日

記載されている内容は2017年09月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related