Search

検索したいワードを入力してください

バルサンのダニ対策|使い方/目的別効果/注意点・類似商品との比較

更新日:2020年08月28日

バルサンを使ったダニ退治は皆さん経験があるでしょう。しかし、より正しい使い方をすることで安全になり効果も上がるものなのです。そこで、今回はこのバルサンの正しい使い方について解説し、注意点は何かあるのか、類似品との違いは何かを説明します。

バルサンのダニ対策|使い方/目的別効果/注意点・類似商品との比較

バルサンのダニ退治

バルサンはダニ退治において非常に使い勝手がよく、お世話になっている人も多いでしょう。しかし、本当に正しい使い方ができているのか、効率の良い使い方をしているのかまでは把握している人は少ないのです。そこで、正しい使い方や効果などをまずは見ていきましょう。

使う前の対応 その1

バルサンの使い方はシンプルなのですが、使う前の準備についてはバルサンのための知識が必要になりますので、覚えておきましょう。たとえば、窓や換気口などは完璧に締め切るということは知っている人も多いでしょうが、逆にタンスや押し入れなどのダニがいると思われる場所は解放する必要があるということまでは知らない人もいるのです。

また、食品や食器、布団や衣類といった生活用品はすべて取り出して直接煙が当たらないようにしてください。具体的にはビニールシートや新聞紙などを使ってカバーするとか部屋の中からすべて退去するという対応が必要になります。特に危険なのが小さなお子さんがいる家庭です。

お子さんのためにダニを駆逐するためバルサンを使っていると思いますが、煙をあびた雑貨や衣類を子供が口にしてしまった場合は、非常に危険な事態になってしまう可能性があるので、要注意となります。

使う前の対応 その2

バルサンの煙は引火する可能性があります。引火しないようにするためにも、ガスの元栓や可燃性のライターなどは遠のけてください。特にノンスモークの霧タイプバルサンは引火する危険性が高いので、注意しましょう。

使う前の対応 その3

精密機器や楽器、そしてペット類や植物にふれるのも避けた方がいいので、移動できるものはできる限り移動し、移動させるのが難しいテレビのようなものはカバーをして直接煙が当たらないようにしてください。

使い方について

ダニ退治のために煙が出るタイプのバルサンを使う人は部屋の中央の床に置き、ふたの茶色い部分のである始動用スリ板で緑色になっているヘッドを軽めに擦り、3時間ほど締め切ってください。このときヘッドを強めに擦りすぎると破損する可能性があります。

ダニ退治のため水で始めるタイプのバルサンは、ふたやシールを剥がして警報カバーなどをすべて取り出し、水を入れます。このときの量は少なすぎても多すぎても効果が出なくなってしまいますので、適切な量を入れてふたをして使いましょう。使う時間は煙タイプのバルサンと同じく3時間程度でいいでしょう。

バルサンの効果は?

ダニ退治やゴキブリ退治に効果があるバルサンはシンプルにゴキブリやダニを駆逐する作用がありますが、持続時間は2週間なので永遠にバリアを張ってくれるわけではありません。

また、ダニならまだいいのですが、ほかの虫のように卵が2週間後に孵化するタイプでは、普通に生き延びてしまう可能性がありますので注意してください。つまり、効果はダニやゴキブリを根絶やしにして2週間ほど侵入を防ぐようになると言うことです。

値段

ダニ退治に使うバルサンの値段は黒バルサンと呼ばれている「バルサンプロEX」が6-8畳用(20g)で880円になっており、12-16畳用(40g)が1,380円になっています。通常の赤いバルサンは6-8畳用(20g)で730円、12-16畳用(40g)で1,150円です。これが煙タイプの価格です。

水タイプの「水ではじめるバルサンプロEX」は6-8畳用(12.5g)が880円で、12-16畳用(25g)は1,380円となります。「水ではじめるバルサン」は6-8畳用(12.5g)が700円で、12-16畳用(25g)は1,100円です。

ノンスモークの霧タイプの「バルサンプロEXノンスモーク霧タイプ」は6-10畳用(46.5g)で880円となっており、12-20畳用(93g)は1,380円です。「香るバルサンクリアシトラスの香り」は6-10畳用(46.5g)が730円となっており、12-20畳用(93g)は1,150円となっています。

基本的にどのタイプも2個セットとか3個セットで売られておりますので、まとめて多くの部屋のダニ退治をしたいという方はそちらの方がお得になりますのでセット品を購入してください。

使う時期について

バルサンを使う目的はダニ退治のほかにゴキブリ退治というのもあるでしょう。それらの虫は秋に卵を産んで冬に残しますので、繁殖が多い秋の時期にダニなどの害虫はまとめて駆除するのがとなります。

目的別バルサンのダニ退治

それでは具体的なダニ退治の方法を目的別に確認していきましょう。果たして使うことができるのか、使ってはいけないのか、しっかり理解してバルサンをお試しください。

布団

バルサンは公式ホームページの商品解説でも「哺乳動物には安全性が非常に高い製品」という記載がありますが、注意書きとして「弱い皮膚刺激性がある」という記載もあるのです。つまりどういうことかというと肌に直接触れるタイプの布団や衣類に使うのはNGということになります。

お布団のダニ退治は乾燥に弱いという特長を活かして、天日干しにする等の対応を自主的に行ってください。

ベッドやソファ

初回公開日:2017年09月18日

記載されている内容は2017年09月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related