Search

検索したいワードを入力してください

洗面台の汚れの種類・汚れやすい場所・掃除方法・掃除道具

初回公開日:2017年09月12日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2017年09月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

毎朝、きれいに掃除された洗面台で顔を洗うと気持ちよく一日をスタートさせることが出来ます。毎日必ず使う場所だからこそ、洗面台はいつも清潔な状態に保っていたいと思う方も多いのではないでしょうか。洗面台の掃除方法の基本をまとめました。

洗面台の汚れの種類・汚れやすい場所・掃除方法・掃除道具

洗面台をきれいに掃除する方法

洗面台の汚れの種類・汚れやすい場所・掃除方法・掃除道具
※画像はイメージです

毎日必ず使う洗面台、いつもきれいな状態を保っていたいけれど、気が付くとすぐに汚れてしまう。そんな悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

毎日、洗顔や歯磨き、ヘアセットなどで使われる洗面台は、水ハネが原因の水垢汚れや洗顔や歯磨きでの洗剤類の洗い残しが原因の汚れ、髪の毛が原因の配管詰まりなど、どうしても汚れが付きやすい場所です。

日頃の簡単なお手入れから、汚れをしっかり除去するテクニックなど、洗面台の基本の掃除方法をまとめました。

まずは準備! 基本のお掃除道具

洗面台のお掃除に欠かせない「基本のお掃除道具」を用意しておくと良いでしょう。洗面台には、傷つきやすい金属や鏡、プラスチックなど複数の素材が混在しているため、素材に適した道具を使う事を心がけましょう。

やわらかいスポンジ

洗面台のカウンターや洗面ボウル、鏡の掃除に使用します。泡立ちが良く大きめのシンプルなやわらかいスポンジがです。ナイロン製のスポンジや網入りスポンジ、汚れを研磨する高性能タイプのスポンジは素材を傷つけてしまう可能性があるため避けましょう。

やわらかい布

洗面台掃除の仕上げのふき取りや、金属素材の磨きに使用します。なるべくやわらかい素材のものでビーズなどの飾りがない布がです。使い古したバスタオルなどを切って使用しても良いでしょう。

歯ブラシ

洗面台の鏡とカウンターの隙間など、細かい部分のお掃除やしつこい汚れ除去に使います。新品である必要はないので、使い古したものをいくつか掃除用にストックしておくと良いでしょう。

メラミンスポンジ

陶器製など研磨に耐えられる素材のお掃除に使います。洗面台の掃除では、カウンターや洗面ボウルの掃除の際に活躍します。

水を含ませたスポンジで磨くだけで簡単に水垢や汚れを落とすことが出来ます。素材によっては傷をつけてしまう可能性がありますので、充分注意しましょう。

ビニール手袋

洗面台の掃除をする時に、カビやしつこい汚れと戦わなくてはいけない場合があります。汚れや洗剤から大切な肌を守るためにビニール手袋を装着しましょう。

洗面台の掃除に洗剤

洗面台の汚れの種類・汚れやすい場所・掃除方法・掃除道具
※画像はイメージです

浴室用・台所用中性洗剤

洗面台に使われている素材を痛める心配が少ない中性洗剤は、普段のお掃除に洗剤です。
主に洗面台のカウンター・洗面ボウルの掃除に使用します。

やわらかいスポンジで良く泡立てて使用しましょう。使用後は泡や洗剤が残らない様によく洗い流して下さい。洗剤が残ると素材を痛めてしまう可能性がありますので注意しましょう。

浴室用クリームクレンザー

弱アルカリ性の微粒子クレンザーを選びましょう。主に洗面台のカウンター・洗面ボウルの掃除に使用します。

研磨剤が入っているため、水垢などの汚れを削り落とすことが出来ます。強くこすりすぎると研磨剤で素材を痛めてしまう事があるため気を付けましょう。

クエン酸

地球環境にも人にも優しい天然素材としての「クエン酸」。抗菌・消臭効果の高さとアルカリ性の汚れにも使用できることから、洗面台掃除にです。

スプレーボトルに小さじ半分のクエン酸と水100mlを入れて良く混ぜれば、簡単便利な『クエン酸スプレー』が作れます。

鏡にスプレーして磨くだけで、簡単に水垢掃除が出来ます。

Related